育休明け、時短勤務をして感じたこと

看護師

 

私は育休を終え復職し、昨年4月から約1年間時短勤務をしていました。

いろいろと勤務時間は選べたのですが、私は9:00-16:00、週5日の勤務を選びました。

時短勤務とは言っても、何だかんだでバタバタと忙しい日々でした。

そんな日々の中、時短勤務で働くうえで感じていたこと、実際に自分が時短勤務をしてみて大変だったかどうか、働きやすさ等についての私の考えをお伝えしていきたいと思います。

 

時短勤務とは?

そもそも時短勤務とは何かを簡単にですが説明しておきます。

時短勤務とは、1日のうちに定められた労働時間より短く働く勤務形態のことです。

例えば、7.5~8時間の所定労働時間を6時間に短縮する、出勤・退勤時間の変更などが挙げられます。

各病院の福利厚生にもよりますが、子供の年齢が3歳までなら時短勤務可能という所や、子供が小学生になるまで可能など、職場により年齢制限には違いがあるようです。

 

私が時短勤務を選んだ理由は?

私が時短勤務を選んだ理由はいくつかあり、主に以下の2つの理由が挙げられました。

 

・仕事が激務のためフルタイム勤務だとどうしても残業が多くなってしまい、育児との両立ができないのではないかという不安があった

・職場と家の距離が遠く、フルタイムで働くと保育園のお迎えに間に合わない

 

1つ目の理由に関しては、特に病棟で勤務されている方でこのような悩みを抱えている方は多いように思います。育児との両立ができるか不安で、その後退職や転職をする方も多いようです。

私もその悩んでいる1人で、復職時には迷わず時短勤務を選びました!

私の職場では、育休明けのママナースは時短勤務をされている方がほとんどです。

 

時短勤務のメリットは?

それではここで、私が感じた時短勤務のメリットを挙げていきます。

 

・家が遠くても通勤が可能

・定時で帰れた場合、夜子供とゆっくり過ごす時間を持つことができる

・時間の制約があるため、より効率的に仕事をしようと時間の使い方が上手くなる

 

上記2つに関しては、もはやメリットというよりも「このために時短勤務にしているんだよ…」という思いもありますが、時短勤務であることで夜の時間が確保しやすいことは間違いないです。

特に看護師という残業が多い職種だと、よりその恩恵を受けられるかと思います。

3つ目のメリットに関しては、フルタイムで働くスタッフよりも働ける時間が短く制限があるため、いろいろと仕事のやり方を工夫して時間内に業務を終えられるよう調整していく過程で、少しづつ時間の使い方が上手くなってきたなと感じるようになりました。

私自身、独身時代は仕事が遅く残業が多かったため(忙しい病棟で働いていたことも理由の1つですが)、復職後は働き方を見直さなくては…と考えていたため、少しでも効率的に動けるようになって良かったと思っています。

(ちなみに日々の生活でも時間の使い方を意識して過ごすようになりました。)

 

時短勤務のデメリットは?

次に時短勤務で働く際に私が感じたデメリットをお伝えします。

 

・勤務時間を短くするほど給料が減額される

・任せてもらえる仕事が限られてしまい、周りに迷惑がかかっているのではと気を遣うことがある

・時短勤務でも帰りづらいことがあったり、忙しく定時に帰れないこともある

 

1つ目のデメリットに関しては職種等に関わらず仕方のないことですが、やはり時短勤務を選択するとその分給料も減給となります。

基本的には夜勤もしないため給料は独身時代と比較すると安いです(職場によっては夜勤を求められることもあるようです…)。

ただし職場の福利厚生により、子供の年齢や勤務時間次第で減給にならないこともありますので、職場でよく確認しておいた方が良い内容となります。

2つ目のデメリットに関しては、特に病棟勤務の場合、時短勤務で早く帰らなければいけないスタッフにはできるだけ受け持ち患者を軽めに付ける等配慮してくれることがあります。

また残っている業務等については他スタッフに引き継ぎをする等、他のスタッフに業務を任せなければならないこともあります。

上記のような理由から他スタッフへ少し負担がかかってしまうことがあるため、私自身申し訳ないなと気を遣う場面が多々あります。

その分私は受け持ち患者が軽い場合はその分手が空くため、そのような時は極力他スタッフのフォローに回り、業務がスムーズにいくように心がけています。

また他にも違う観点から考えてみると重症患者を受け持つ機会が減るため、今後もキャリアアップをどんどんしていきたいと考えておられる方は職場でそのように伝え、今後に繋げていけると良いかもしれません。

3つ目のデメリットは、看護師という職種や忙しい病棟勤務だとよくあることかもしれません。

自分だけでなく病棟全体が忙しい場合等、時短勤務の定時を過ぎても業務が終わっていなかったり、人手が足りず検査の出室やお迎え等に行かなくてはいけないこともありました。

そのような場合はもちろん残業となってしまい、保育園のお迎えに間に合わない、帰宅後夕食を作る暇もない…という状況になり、子供や夫に申し訳ないなと思うこともよくありました(つまり、私の場合定時で帰宅できない日々が結構多かったです…)。

私はこのような日々を過ごしていたため、家族のためにも自分のためにも転職を考えるようになりました。

 

時短勤務は働きやすい?

働きやすさは仕事内容や職場の雰囲気、残業の有無などで異なるとは思いますが、私自身は気持ちの面で気を遣うことで働きにくいと感じる部分はある一方、仕事をする上では大きな支障はなかったように思います。

実際に自分が時短勤務で働くことになり、自分なりに周りに気を遣ったり申し訳ないなと思うことは増えましたが、振り返ってみると私が独身時代に時短勤務で働いている同僚に対して、そのサポートをすること等について不満に思ったことはなかったな、と思います。

気持ちの部分は私の性格によるものかもしれません。笑

ただ残業が多いと「何のための時短勤務なんだろう…」「ここで働き続ける意味って何だろう…」と自問自答することが増え、今後のキャリアを考える良いきっかけになりました。

 

皆さんも家族と話し合い、また自分のキャリアを考えたうえで、自分の納得できる働き方ができると良いなと思います◎

より良い環境で働くためには転職等も検討し、自分に合った働き方を見つけられると良いですよね。

 

↓この記事を読んで参考になった方は、ぜひクリックお願いします↓  
人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました