仕事が遅い人の特徴―仕事が速くなるコツとは―

看護師

こんにちは、ら きです。

最近は暑さも和らいで過ごしやすくなってきましたね。

今日は仕事が遅いと悩んでいる人への記事になります。
もちろん、私もその看護師の1人でした。

元々私が働いていた病棟は外科の混合病棟でもあり忙しく、院内でも1、2を争うほどで残業も多かったのですが…。
そんな環境でも速く仕事を終わらせて帰っている人はたくさんいました。

日によって、予定入院や緊急入院が多い、手術や検査が多い等で忙しく終わらないことも多々ありましたが、
その中で働いてきた私が、どうすれば速く仕事を終わらせることができるのかを学んで
実践したことを皆様にお伝えしていきます。

私はどんな看護師だったか

先日の自己紹介の記事で話したように、私の性格はのんびり、マイペース、おっとり…。
要領もよくはありませんでした。

新人の時なんてなおさらです。もちろん、誰も初めからバリバリ仕事ができるわけではありませんが、
私の新人の時の1年間の最終目標は、「先輩のようにテキパキ動くことができる」でした(笑)

私の当初の働きっぷりと言えば、
・患者に必要なケアを時間内に終わらせることができない
・要領が悪く、周りから見ていると今何をしているのか明確にわからない
・時間がないはずなのに急いでいるように見えず、先輩方はイライラ…
・残業が多い(残業したいわけではないのに、時間内に終わらせることができない)
…と時間管理もとても大切となる仕事なのに、まったく時間を有効に使えていませんでした。

「要領なんてものは経験を積めば後から身に付いてくるよ」、なんて言ってくださる優しい方も中にはいますが、
自分が意識して行動しなければなかなか身に付かないことも、経験してわかりました。

ここで、私がなぜそんなに仕事が遅かったのか、その理由を挙げていきます。

私の仕事が遅かった理由

今振り替えると、私が仕事が遅かった理由は大まかに3つありました。

  1. 私の現在の状況を他のスタッフが把握できていない
  2. 段取りができていない
  3. 今できることを後回しにしてしまっている

この3つが主な原因で、私は自分で仕事を遅くしてしまっていたように思います。

1.私の現在の状況を他のスタッフが把握できていない

つまりこれは結論から言うと、「報・連・相がしっかりできていなかった」ということではないでしょうか。

私が今何をしていて、何ができていないのか、何に困っているのか、今何をする必要があるのか、
それを他のスタッフが把握できておらず、何をどうすればよいかわからない、といった状況です。

新人の間は特に報・連・相の重要性について先輩から口酸っぱく言われるかと思いますが、
私はそれが上手くできていなかったということです。

また私は元々あまり顔には出ないタイプのようで…。
それもあってか、急いでいることや焦っていることが

先輩には伝わりにくいとよく言われました(>_<)

2.段取りができていない

これは特にケアや処置の物品、患者へのオリエンテーション用紙等、その日に必要な物をあらかじめ準備しておくことが大切だということです。

これは経験年数を重ねても、日によって忘れてしまうこともあるかと思います。
しかし、段取りの悪さは結構なタイムロスに繋がります。

私はその段取りが悪かったせいで、受け持ち部屋と詰所を何度も往復していました。
するとやはりどうしても無駄な時間を費やしてしまいますよね。

3.今できることを後回しにしてしまっている

私としては、この問題が1番仕事を遅くしてしまっていた理由ではないかと思います。

もちろん優先順位の高いこと、やらなければいけないことは先に先にと考えて皆取りかかるでしょう。
しかしそうではないこと、例えば「書類にサインをもらう」、「看護記録」といった
とりわけ急がないことなどは後回しにしがちではないでしょうか?

「今日は落ち着いているから後でも大丈夫だな」、「朝やり忘れてしまった、午後からでいいや」などと
考えている時に限って忙しくなってきたりするものです。

また私はとにかく記録を書くことが苦手で、書きながらつい長時間考えてしまうこともあったため、
タイムリーに記録を書くことができていませんでした。

「忙しくてできない!」、「記録を書く暇もない!」なんて日もあるかもしれませんが、
そういったことを後回しにしないようにする習慣が必要になります。

仕事が速くなる!その働き方のコツとは?

それではここで、私の仕事のスピードがアップし残業時間も減っていった方法をご紹介します。

・「報・連・相」の徹底
・必要なケア等の段取りをしっかり行う
・今できることを後回しにしない
・タイマーを使用して決めた時間を測る

この4点です。多い…と思う方もいるかもしれませんが、1つ1つは簡単なことなので、すぐに実践できるかと思います。

「報・連・相」の徹底

ここで言う「報・連・相」は、例えば患者が急変したときや状態が変わったときなどに行うものとは
少しニュアンスが違うため、そこは理解しておいてください。

「報・連・相」は患者に何かあったときだけにするものではなく、患者の状態が落ち着いていても
自分の現在のケアの進捗状況や、その後の見通し、段取りなどを伝えておく時にも必要になります。

「そんなのわざわざ伝えるの?」と思う方もいたり、何も報告せず自己完結しようとする方も中にはいるでしょう。
仕事中先輩に「回れてる?」と聞かれることがあるかと思うので、そのような時に少し伝えるだけでも良いのです。

・その時の自分の状況(何ができていない、何に困っている、今何をする必要があるか等)
・先輩に聞きたいこと、手伝ってほしいことは何か

などを簡潔にまとめて伝えましょう。
そうすることで先輩も何を手伝えば良いか、何を指導すれば良いか等が明確にわかり、
スムーズに患者へのケアを提供することができたり、1人で悩んで無駄な時間をかけてしまうことは減るかと思います。

必要なケア等の段取りをしっかり行う

これは朝患者の検温に回る前から確認しておきましょう。つまり朝の情報収集の時点からです。

今日の受け持ち患者に必要なケア、自分が担当する入院患者に必要な物品、オリエンテーション用紙など、
朝から準備しておく方が後でバタバタと慌てることがなくてすみます。

私の場合は外科病棟だったので毎日洗浄や消毒、ルート交換といった処置をすることが多く
そのような物品はいつも必要でしたし、また手元に物品が揃っていると慌てることもなく、
心の余裕にも繋がりました。

わざわざ詰所に何度も戻って来なくても良いように段取りをすることで、時間を有効に使うことができます。

今できることを後回しにしない

まずはその日の優先順位があると思うのでそれに合わせることが必要ですが、
「患者回りをしながらついでにこれをやっておこう」という、「ついでに」という意識はとても大切だと私は思っています。
そうすることで、後回しにすることがだんだん減ってきます。

そして日常でもよく言われていることかもしれませんが、すきま時間に少しでもできることをやるようにしましょう。
例えば内服薬の準備、経管栄養の準備、書類にサインをもらうなど、少しの時間でできることは必ずあります。

そしていつも最後に残ってしまう「看護記録」。
受け持ち患者を回りながらタイムリーに看護記録を書くようにすると、やはり一番効率が良いです。

「そんなの時間がなくて無理!」という人も多数いるとは思うので、そのような場合はS情報やO情報など、
ポイントとなる言葉・単語のみ記録しておくようにし、後から修正する、あるいは毎日決まった記録を
書くことがあるなら、テンプレートをあらかじめ作成しておくことも時間短縮には良いかと思います。

私は実際、例えば退院記録や鎮痛剤使用の記録など、普段からよく書くような内容は大まかなテンプレートを
作成しておき、その時々によって少し文言を変えるようにしていました。
すると普段より速く記録を書くことができるのでオススメです。

タイマーを使用して決めた時間を測る

上記で述べた3点だけでは足りず、「そもそも患者回りに時間がかかりすぎてしまう」、
「自分では理由がわからないけど、気付いたらすごく時間が経ってしまっている…」といった人には、
この方法がオススメだと思います。

まずは自分が普段何にどれだけ時間をかけてしまっているか、タイマーで測ってみるのもいいでしょう。
そしてこれには5分だけ、10分だけ、と自分で時間を決めてタイマーをセットし、それを意識しながら行動すると
少しずつかかる時間が短くなってくると思います。大切なのは、とにかく時間を意識することです。

人間は少しでも時間があると思うとダラダラしてしまうものです。
とはいっても、看護師という仕事は自分が思うようには進まないことが常です。
そして時間をかけてやるべきこともたくさんあります。

そのためメリハリをつけて、時間をかけるところとさっと終わらせるところは明確にしておきましょう。

まとめ

私はこの4点を意識して毎日仕事に取り組むことで以前より仕事のスピードが速くなり、
他のスタッフが帰っているのに私だけ帰れない…なんてことは格段に減りました。
そして先輩や師長さんからも、「最近仕事終わるの早くなったね」と言ってもらえるようになりました!

経験を積んでアセスメントができるようになると更にスピードアップが目指せますし、
何より毎日「今日も絶対早く帰る!」という気持ちを持つことが大切ですね。

↓この記事を読んで参考になった方は、ぜひクリックお願いします↓  
人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました