速く、正確に情報収集するためのコツ

看護師

こんにちは、ら きです。

今日は看護師には欠かせない、情報収集のコツについてお伝えしていきたいと思います。

はじめに

皆さんはどのようにして、普段の情報収集をしていますか?

看護師にとって情報収集は毎日欠かせないもので、これが正確にできていないと受け持ち患者のケアが抜けてしまったり、状態を把握できない…なんてことにも繋がりますよね(>_<)

そして毎日必要だからこそ、そこに時間をかけたくないなぁ…と思っている方も多いのではないでしょうか?

私の病院では「働き方改革」の影響もあり、始業30分以上前には病棟に来てはいけないという決まりができました。

そのため朝の情報収集にもう必死…点滴やその他の準備もありますから、朝からバタバタしていました。

新人さんは特に、慣れていないと情報収集に時間がかかりますし、朝の時間はとても貴重なので、サクッと情報収集したいところですよね!

情報収集する時のポイント

ここで、情報収集のポイントをまとめていきたいと思います。
ポイントは以下の3つです。

1. 今すぐに必要な情報が何かを考えること
2. 申し送りをしっかり聞く
3. 患者回りをしながらの情報収集

この3点について詳しく説明していきます。

特に1点目は、毎日意識して取り組み慣れてくるととても情報収集が楽になると思います。

今すぐに必要な情報が何かを考えること

まず皆さんは、朝患者カルテを開いた時にどんな情報から把握しようとしますか?

患者の疾患、既往歴、今の状態、ADL、内服薬の内容、キーパーソンは?…全て挙げていたらキリがないですよね(*_*)

もちろん、必要となる情報、重要となる情報は、病棟やそれぞれの科によって違いがあるでしょう。

しかしどの科にも共通することは、

・患者の疾患
・状態
・今日行うべきケア
・Drからの指示

などではないでしょうか?

まず朝の検温前に、その患者を把握する上で必要最低限の情報が何かを考えることが重要となります。

そして患者の状態を一番手っ取り早く知ることができるのが、Drの診察記事です。

これは必ず読むべきものだと私は思います。(紙カルテの場合だと読めないこともあるかもしれません…)

朝だとサッと流し読みする程度でも良いかと思うので、簡単に目を通してみましょう。

Drの診察記事には、現在の状態や今までの経過、今後の治療方針、検査結果まで記載されていることがあります。(たまにサラッとしか書いてないDrもいてますが…)

そのためDrが記載しているカルテを読むと、患者の状態を把握しやすいです。

また「今日はこんな検査があるかもしれないな」「先生からの指示はまだないけど、先生は今日CTを撮るってカルテに書いていたな」など、

私たち看護師がある程度、その日の患者の流れを予測することができるため、その準備もあらかじめしておくことができます。

つまり、Drの診察記事は情報収集するにはとても便利なツールとなるわけです。

さらにDrの診察記事を読むことで、アセスメント力も磨かれます。

わからない記載内容があれば後で調べるなどもちろん必要ですが、
「なぜ今日この検査が必要なの?」「CRPが上がっている!原因は何だろう?」と考えることに繋がるからです。

検査結果などは、余裕があれば朝見ておくと患者の状態を把握しやすいですが、患者回りをしながら見るのも問題ないでしょう。

そして必要な情報だけをさっと収集するためには、「無駄なことはメモしない」ことです。

何度も受け持ったことがある患者、昨日と同じ受け持ちなどで、すでにわかっている情報などはメモを省くようにしましょう。

それも情報収集の時間短縮に繋がります。

申し送りをしっかり聞く

これは当たり前のことのようですが、
申し送り中にぼーっとしている人、結構たくさんいると思います(笑)

申し送りは、最新の患者の状態を知ることができるとても便利なものです。

看護記録にはまだ記載されていない情報も申し送りを通して知ることができるので、とても大切となります。

最低限自分の受け持ち患者の分だけでも良いので、しっかり申し送りに耳を傾けるようにしましょう。

患者回りをしながらの情報収集

これは少し高度な情報収集方法かと思います。

先輩看護師の中に、「え!?いつの間に情報収集したの!?」「こんなに始業時間ギリギリに来てるのに、いつ情報収集してるんだろう…」という人はいませんか?

そんな先輩は、実際に患者のベッドサイドで情報収集をしています。

カルテを見ながら、問診をして患者と話しながら、というような感じです。

しかしそのような先輩には、知識と経験、観察力がありますので、初めからこれを試すことはお勧めできません。

初めからこれに頼ってしまうと、必ず抜けが出てきてしまいますので、この方法は看護師3〜4年目以降から試してみてください。

まとめ

以上3点のポイントをお伝えしましたが、誰でも情報収集を素早く、的確にできるようになります。

そして同時に始業前の時間外勤務を減らせると一石二鳥ですね!!

 

↓この記事を読んで参考になった方は、ぜひクリックお願いします↓  
人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました